ベソブログ

日本人として本当に知って欲しい事、考えて欲しい事を伝えるブログ 歴史・政治・思想・音楽・芸術・文学・教育・経済・・・ジャンルなんて関係なし。作家BESOが日々感じ、考える日本人に伝えたい事を伝える。やってるかやってないかはバイブス次第

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの引っ越し

ベソブログを引っ越します。

ベソのホームページ内、
というかホームページ自体がブログ。

みたいな感じにしました。

今まで見ていてくださってる皆さま。

これからも御ひいきにお願いします。

↓↓↓
BESO DA RHYMES HP

BESO

スポンサーサイト

感謝と決意 special thanks and determination

2014年4月14日から始めて1年と3ヶ月ぐらい。表立って広告とか宣伝せんと一人の人間が始めたこのブログ。本当に日本人に知ってもらいたいと想って、言いたい事・伝えたい事・知ってもらいたい事を書いてきた。プライベートな出来事がどうのなんていうのはできるだけ排除して。1万アクセス。1年3ヶ月でやっと1万アクセスかとバカにする人もいるかもしれへん。でも俺にはこの1万アクセスが本当に読みたいと想ってくれてる1万アクセスに思える。

今振り返ればこの記事ちょっと違うかなと思うのもある。でもその記事があるから今がある。記事だけじゃ無くて出会いや事件や嬉しい事悲しい事全て。

最初はアメリカに行って知った現実を日本人も知ってほしいっていう気持ちから始まった。日本が好きやしいい国やと思った。でもこのままでは日本っていう国がなくなってしまう。文化的にも政治的にも経済的にも。そうならない為に何か動かなければと思って危機感から始めたブログ。

そんないろんな闇を伝えて気づいて立ち上がってほしい気持ちがあった。秘密結社や経済の裏、政治の裏なんかを。もちろん今でもそういう闇や裏がある事は常々考えるし気にする。でも今ままではその闇に俺も闇にひきづられすぎてたんかもしれへん。自分の中での理解を超えてたのかもしれへん。

最近思うのはその闇を受け止めてどう生きていくか。どんな人間になりどんな生き方をするかっていうライフスタイルを考えていく事が大事だと。そう思い始めて自然とブログの内容も変わり始めた。何を理想論を言うとんねん、何を夢見たいな事言うとんねん、っていう話も書いてきた。

でもそれが今俺に書けるベスト。今までの記事もその時点での俺のベスト。

プライベートな事は極力書かずできるだけ客観的に主観で書いてきた。このブログをやめようと思った事はないけど悩む時はあった。読んだ人にどう思われるかとか、頭おかしいんちゃうかこいつと思われるんちゃうかとか。でも書き続けた結果たどり着いた。これが俺なんやって。俺の人生なんやって。

何に興味があって、何に怒りを感じて、何を大事にしたいか。今まであった人、知った情報、起こった出来事。その全てが今の俺を築き上げてくれてる。子どもの頃から、学生の頃から思えば今の自分は想像もできひんかった事を考えてるし、いろんな事をしてる。それがいい事なんかわるい事なんかはわからへんし、いい・悪い・じゃないかもしらん。でもその変化を受け止めてさらに自分の人生をいい人生にしていきたい。

そんな悩みの日々の中、いっぱいの歌・映画・作品・ストーリーに救われた。そして周りにしてくれる多くの暖かい人に救われた。しょうもない俺の話に付き合ってくれる愛すべき人たち。この先一人でも俺の書いてる記事や作品を待ってくれてる人がいる限り書き続ける。

人に想いを伝えるのが下手で、話もおもしろくない俺やけど文字の上では素直に思ってる事を書ける。

もっと人付き合いが上手くて、人の気持ちを理解して相手の求めてる事が日常でも上手くできて生きていければもっと幸せになれるとも思う。でも逆に下手やからこそ悩んで、苦しむ。もちろん相手にも迷惑かける。その苦しみを受け入れるのが、俺という人生やと思う。下手で良かったと思う。これからもとことん下手で行こうと思う。でも気持ちは一つ。多くの苦しみと、その先の幸せを信じて。

初めてプライベートな気持ちをメインに書いたけど言いたいのは感謝と決意。今まで読んでくれててありがとう。そしてこれからも発信し続けていくから興味があるなら見守り続けてくれっていう事です。今までのイラつく事や怒った事、苦しみも含めて全てに感謝して。変化を受け入れ続けながら何かを書き続ける。この感謝と決意が書きたかったです。

2015年7月7日 
雨の降る七夕の天の川に願いを祈りながら
ベソ

One year and three month had spent from beginning this blog. Without openly advertisement, a man write what he wanna write to let japanese people know. It has gotten ten thousand accesses.

I really thank to all of people who read this blog, inspired me, helped me,

But always tragedy come suddenly.
I found a lover finaly. I feel she's gonna be the last woman in my life. I loved all of her sense, feeling. Really I feel I love her.

However my love didn't reach her heart. I didn't know why. I can't understand what she think about me. she hadn't told me.

I regret myself and what i did for her. My heart is filled with huge sadness. But time hasn't come back.I have to accept this truth.

I will love her forever. I promise. I swear. Believe some day she will come to me. Its a long way. I don know how long how hard. But I try and believe even if it won't come, coz I love.

I really say thank all of people. Im gonna keep writing this blog to tell what I think and feel for Japan gonna be a good country.

Grad if you keep watch this blog, and cheer me up. I will do for lover and all of people on the Earth.

2015/7/7
pray for in the rainy day tanabata
BESO

ベソブログ

世の中に溢れる情報。


科学技術が急激に進歩し、広く一般市民に普及した20世紀。
その恩恵を受け継ぎ更なる発展を走り続ける21世紀。
その象徴がインターネット。

現在では高校生以上の携帯電話普及率は限りなく100パーセントに近付きつつある。
そしてスマホの登場で気軽にインターネットの世界を旅することが出来、
また自分の持つデバイスをカスタマイズすることが出来る。
ますます多様化するインターネット世界を象徴している。

そんな現代の申し子インターネットでの公開日記として始まったブログ。
そこから今では重要な情報発信基地として活用している人も少なくない。
ベソもそれにあやかり、今まであったブログを一新し
情報発信を軸にしたブログを作成した。


それがベソブログ。


内容は、世間に隠された情報を広く読者に配信する。
政治、教育、健康、災害、メディア、音楽・・・
ジャンルやテーマはあえて定めず知ってほしい情報を少しでも多く
配信する。

もちろん、ベソなりに情報の精査をした上で配信するが
すべてが本当の情報かどうか調べ上げられるものではない。
このブログを通して一番声を大にして言いたいの

「情報を疑い、自分で調べ、自分で納得する。」

という事である。


本当の事とは何か真実とは何か?
それは経験した人にしかわからない事が多いと思う。

テレビで放送している内容が全て事実に基づいているか
各企業が売り出している宣伝文句が誇張した言い方でないか
そんな事はやっている人にしかわからない事が多い。

また世の中には、知らない方が幸せである
という言葉もある。
果たして本当にそうなのか??

それを知った事でに傷つくことを恐れているだけなのか
本当の幸せを追求する上で知らない方が幸せなのか

そもそも人の幸せとは何なんか?
そんな重苦しい話をするためにブログを書くわけではないけども
少しでも人に幸せになってほしいと思うベソの気持ちから
このベソのブログは始まった。

ベソが思う幸せとは愛で溢れた人生だと思う。
どんなにお金があっても、どんなに権力があっても
愛が無ければさみしいしむなしい。

日本には昔から多くの精神世界を発展させてきた偉人がいる。
科学技術が象徴である物質世界が今発展著しい中、
精神的な発達はどうだろうか?

そのひずみが招く問題は決して小さくないと思う。
なぜ子供は、
携帯電話を持たないほうがいいのか
銃を持ってはいけないのか
お金をいっぱい持たせてはいけないのか
どこにでも行っていいと親は言わないのか

理由は精神的に発展できていないからである

では大人は果たして本当にそれらのものを
本当の意味で使いこなせるほど精神的に発達しているのだろうか?

その最終地点が原爆である。
倫理的にどの国に行っても一番の大罪は殺人である。
これは大統領だろうが一般市民だろうが王様であろうが
本来一番の罪である。

それをあたかも正しいことのように見せ、公に行うのが
戦争であり原爆である。

物質世界と精神世界。
この両面で発達できるような情報源となるブログを目指して、
日々更新していきます。

2014年4月14日  ベソ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。