ベソブログ

日本人として本当に知って欲しい事、考えて欲しい事を伝えるブログ 歴史・政治・思想・音楽・芸術・文学・教育・経済・・・ジャンルなんて関係なし。作家BESOが日々感じ、考える日本人に伝えたい事を伝える。やってるかやってないかはバイブス次第

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ人と現代

問題はこっから。その「旧約」の中の律法書はモーセ5書とも呼ばれていて、これらを「トーラー」と呼び最重要視している。その5冊の巻頭を飾る「創世記」には神が天地を創造しイスラエル人がエジプトで生活するまでの内容が書かれている。
その頃の人間は死ぬ事の無い霊的な存在で自然との調和がとれた道徳的な存在でもあった。しかし、そこに土の塊からできたアダムとイブの男女を作り邪悪な蛇の登場によって神と人間と自然の調和が狂い始める。
そこで神は怒り、大洪水を起こす。そして生き残った者の中に信仰心の強かったアブラハムという人物を見つけ民族の父として子孫繁栄を彼に約束する。飢饉からの避難という事で神の計画によりエジプトに移住し、ここからユダヤ人のエジプトでの生活が始まる。

トーラーの2巻目は「出エジプト記」。それはユダヤ人がエジプト王ファラオに奴隷として虐げられているところから始まる。そこで神はモーセという人物を指導者に選び、ファラオの独裁であるエジプトからの大脱出をさせる。そして彼らは逃れる為にシナイ山へ向かう道中で、貧困や自然の猛威等の数々の危機をモーセを介した神の奇跡を目の当たりにする。シナイ山にたどり着いた一行。神はここでかの有名な「十戒」をモーセに授ける。そして「十戒」を刻んだ石板2枚を契約の箱に入れ、モーセに安置するよう命じ、約束の土地カナンを目指しまた旅に出るのであった。この神とモーセの対面による「掟」の授与こそがユダヤ人が他民族から迫害される要因の一つとされている。逆にその迫害にも屈しない精神的強さの秘訣でもあると言われている。

こういったユダヤ人の起こりが記されている歴史的書物「旧約聖書」。もちろんこれは39冊も有る中でのたったの2冊。それも簡単に要約した内容。ここからはユダヤ人に新たな王が生まれ、過ちを犯し、また新たな王が生まれるという話。

ダビデ王の時代にはユダヤ王国とされる強大な国家イスラエルを築き上げた。紅海からチグリス川・ユーフラテス川までに及ぶ大きな国であった。ソロモン王には最盛期を迎える。聖地エルサレムに神殿を建て国際社会でも大きく貢献する。しかし異邦人の女性に対しては欲望を忘れる事が出来ず神を忘れてしまう。彼の死後内部分裂が起き、北のイスラエル王国と南のユダ王国に分かれる。しかしイスラエル王国はアッシリア王国にユダ王国はバビロニア帝国に侵略され崩壊しかつてのユダヤの民は各国へ散り散りになる。ユダ王国ではその後もユダヤ人を捕虜としてバビロンへ連行される。これをバビロン捕囚と呼んだ。ソロモンの建てた神殿からも多くの財宝を奪われユダヤ王国としては事実上壊滅する。

それ以後も「聖書の民」は「世界を移動する民」と呼ばれるぐらい民族的な大移動を繰り返していた。離散と再集合を重ね様々な土地へ移りながら約束の土地を目指す。バビロニア帝国がペルシア帝国によって滅ぼされバビロン捕囚は解放される。そして再びエルサレムへ戻り第二神殿を建設した。しかし疲弊しきっていたユダヤの民には神への誓いやモーセの「十戒」は過去の遺物という認識が広まりつつあった。ユダヤ中興の祖エズラ・ネヘミヤの熱心な布教により、眠っていたユダヤ教徒の信仰心が覚醒し、再びユダヤ教徒の勢いは盛り返す。

がしかし、セレウコス朝が現れユダヤ教徒を再び支配する。これに抵抗したハスモン家は見事支配から脱却しハスモン朝を築き上げかつてのソロモン朝と同じぐらいの規模を誇るユダヤ国家を建国した。当時ギリシャの影響を強く受けていたが、言語や文化も排斥し、モーセの律令をもとにしたユダヤ文化を堅持した。

しかしこれがユダヤ国家最後の独立国家となってしまう。当時のローマ帝国によってイスラエル再建は阻まれ再び捕虜として迫害される。そしてこの頃イエスが生まれ。イエスを断罪したユダヤ人としてさらなら迫害を受ける事となった。つまりこれが今から約2000年と少し前の話である。

そして2000年と少したった今でもユダヤ人という民族は生き続けている。その要因はいろいろあると思うけど、ユダヤ人である事を心から願えばなれるという血族に縛られない概念。さらに、経済や政治においての考え方が洗練された形として継承されている点。

迫害を繰り返されていたユダヤ人は情報の価値というものを人一倍大事にしていた。インターネットが発達する遥か前から情報産業に目をつけていた。さらに経済での理念としての金融業の基礎が彼らにはあった。同胞意識の高いユダヤ人はお金を貸す事にかんしてルールがあった。それは「トーラー」によるものでいくつか例を挙げると

 外人には利子を付けていいが、同胞には利子を付けて貸し手はいけない。
 7年ごとに負債を免責しなさい。さらに取り立てをしていいのは他民族つまり外人のみで同胞からは取り立てて はいけない。

など、同胞を守る意識が高い。さらに、
 担保を取る為に言えに入ってはいけない。その者が家から担保自ら持って来るのを待ちなさい。
 貧しい人々から搾取してはならない。賃金を支払う場合は日没までに支払わなければならない。それをあてにし
 てるのだから。

慈悲の精神も高い。しかし、この前半部分が現代の経済・メディアに色濃く顕著に表れている。それが今の世界の銀行であり、ハリウッド・テレビなどの映像文化の根底になっている。少し前から再び流行り出した都市伝説。信じるか信じないかはあなた次第です。この内容にも注目すべき事はたくさんある。

それは世界の銀行のオーナーが誰であるか、というこことその銀行がどんな業務をしているかである。

銀行へ続く。 

スポンサーサイト

ユダヤ人とユダヤ国

言い方はちょっと不思議やけど世界には日本が承認する国が194カ国ある。そして日本で195カ国。ちなみに国連に所属している国家から国家として承認されている国家の中で、日本が承認していない国は10カ国ほどある。例えば北朝鮮や中華民国(台湾)にパレスチナ。

世界にはこんなに多くの国が有る中での一つの日本。別に順位を競って1位の国を目指すためにみんな生きている訳ではないと思うけど何故か競ってる国々。もちろん国によって環境・人種・宗教・文化が大きく違ったり似ている所があったり。

ユダヤ人とよく口にするのに、ユダヤ国という国は無い。ユダヤ人とは現代では主にユダヤ教徒の事を指し血族的な意味合いでの人種も多様である。また何人でもユダヤ教に改宗すればユダヤ人となる事が出来る。つまりユダヤ国ユダヤ人ではなく、世界各地にユダヤ人がいる。つまり日本人が思う日本人ではなく、ユダヤ教を信じる人々がユダヤ人である。

そのユダヤ人にとって最も大切な書物とは「旧約聖書」である。日本人に取って「旧約聖書」と「新約聖書」もどっちもただの「聖書」である。誰が書いたのかも何が書かれているかも特に気にしないし、キリストが書いたんじゃないの?と思う人も多いかもしれない。これを詳しく書き出すと何ページあっても足りないので簡単に。

ユダヤ人を知るということは「聖書」を理解することであると言われているぐらいその根底の理念は深い。聖書をヘブライ語で書かれているものを「旧約」ギリシャ語で書かれているものを「新約」と呼ぶ。そしてユダヤ人は「旧約聖書」こそが唯一の聖典であり、「新約聖書」を聖書とは呼ばない。その「旧約」は1000年以上にわたって書かれているとされ筆者も時期も特定できない。そして西暦90年頃イスラエル人学者によって聖書選定の会議を行い、ヘブライ語で書かれた39の書を「旧約聖書」と定めたとされている。それは大きく「律法書」「預言書」そして「諸書」(「詩編」「歴代誌」からなる)に分けられる。

聖書に書かれている大筋は神の本質についてである。『私は熱情の神である。その神である私を拒む者はその罪を三代・四代末の子孫にまで問うが、私を愛し、戒めを守る者は幾先代にも及び慈しみを与える。』その私を拒むか?それとも愛するか?という内容。そこには二者択一の愛するか拒むかの答えしか無い。その答えとして神と契約をするのが聖書を遵守するという事なのだ。

「旧約」での旧い契約は紀元前1250年頃エジプトから民族的脱出をしたイスラエル民族にシナイ山で唯一の神ヤハウェと交わした契約であり、他の神を信じる事は禁じられている。「新約」は1世紀初頭にパレスチナで宣教したイエスの新しい契約。ユダヤ教の旧約的な儀礼や律法を否定し、神の愛や神そのものを心の中で信じ、隣人へ働きかける。

つまり、唯一神ヤハウェへの愛を誓うために食事に関する儀礼的な律法や安息日などを「旧約」通りに遵守するユダヤ教。それに対し、神への愛さえ有ればそういった諸々の堅苦しいものはいらない、と開き直り新しい契約を結ぶ「新約」を導き出したのがキリスト教である。しかし、元々はイエスも「旧約」を持ち布教していたとされその中で彼が新しい考え方や教えを生み出したのだ。


ここまで聖書についておそらくは簡単に説明した。聖書を研究している多くのユダヤ教とキリスト教徒からは指摘の嵐が起きそうだが、中見利男 著 「面白い程よくわかるユダヤ世界の全て」から抜粋させてもらった。



続きはユダヤ人と現代

宗教

日本人にとってあんまり馴染みの無い言葉。無宗教派が大半を占める日本では逆にネガティブに捉えられる事も多い。

そんな宗教というものを少しずつその内側に迫っていこう。

まず宗教とは?

「宗教(しゅうきょう)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである」

――wikipedia――


なにかしらの神の存在に思想を委ねるといった所。世界でどんな宗教があるのかそしてどんな形で始まったのか世界における割合と伴に見ていこうと思う。

・1位 キリスト教(クリスチャン) 約22億人 世界人口の約1/3
世界最大の宗教。イエス・キリストを神の子としその教えを信じる。Jesus Christ と英語では表記され、アメリカ人などは何か事件や悲しい事が起きた時など「オー マイ ゴッド」や「ジーザス」と言う。日本語で言えないが無理やり言うと「おお、神よ」っていうニュアンス。
キリスト教内部でも様々な会派に分かれていて大きく プロテスタント・ローマカトリック・正教会 の3つに分かれそれぞれ対立したりもしてる。

イエスの死後、弟子達の活動で始まったとされその元はユダヤ教の教義をベースにしている。ユダヤ教のベースは「旧約聖書」という神ヤハウェとの誓約書に書かれた生活方針や精神世界のルールなどに従って生きていく。
それを元にイエスの流れを汲む者たちがユダヤ教の儀礼的な決まりを否定する形で、その後「新約聖書」という神との新たな誓約書を打ち立てそれを信仰するものがキリスト教と言われてる。



・2位 イスラム教 約16億人 約1/4
イスラム教ではアラビア語に源流がありアラビア語で神という言葉はアッラーと言う。イスラム教の神もヤハウェでキリスト教と同じ神の存在を信じている。ただ違うのは、その神の意志を神の子キリストに従って生きていくか、神の言葉を授かったムハンマドの言葉に従って生きていくのかという事。神の言葉を預かる事が出来る人間を預言者と言ってそのリーダーが神を教えを人々に伝えていくっていう流れ。

だから神との誓約書ではなく、神から預かった言葉をそのまま書き写した「コーラン」と言われる経典に従って生活していく。ただしユダヤ教・キリスト教の流れの延長に生まれ、イエスも神の預言者であった認めている中でムハンマドを最後にして最大の預言者」としている。
大きな特徴は偶像崇拝の徹底的排除。神は人間が形に表せられるような存在ではないと批判。また一神教で、神ヤハウェ以外は神と認めない。


・3位 無宗教 約11億人 約1/6
どの宗教にも加入していない人々。そんな中にもいろんな区分けがあって、神のような超越した存在は信じるがその神の教えには従わない。日本人のようにお寺や神社に行き宗教的活動とも言える行動をとるが仏教徒であると思っていない。などなど。。

これが多いと思うか少ないと思うかは人それぞれかもしれへん。でも横を見て自分以外は5人何かの宗教に入ってるって考えたら日本では少ないと思う。

・4位 仏教 約5000万人 約1/12
インドで始まった宗教。インドのシャカ族の王子、釈迦が開祖と言われてて、悟りを開いた人を表す言葉「仏陀(ブッダ)」とも呼ばれていた。仏というのもこの世の真理(悟り)を悟った人を表す言葉でありシャカだけを指すものではなく他にもいるとされている。仏教にはその仏陀の教えと仏陀になるための教えとの2面生が有り、自分も仏陀になれるという考え方である。

釈迦の教えで有名な物は「諸行無常」と「諸法無我」。全ての物事は常に同じ物は無く、必ず栄枯盛衰を繰り返し絶えず変化する。全ての物事は私でもなければ私の物でもない。こんな感じの悟りを開く為に座禅や禅問答なんかの禅を持って広めて行ったのが仏教で日本人に取っては一番馴染みのある宗教。


・5位 ユダヤ教 約1400万人 約1/50
唯一神ヤハウェのみを信じ、神との契約である旧約聖書で誓った生活をする事で神のご加護を得るという宗教。その予言者として有名なのがモーセで戒めが10戒である。

その誓いとは、
①わたし以外に神がいてはいけない
②いかなる像も作ってはいけない。またそれに祈ったり拝んではいけない
③神の名をみだりに唱えてはいけない
④安息日(日曜)を聖別せよ
⑤父母を敬いなさい
⑥殺生してはいけない
⑦姦淫してはいけない
⑧窃盗してはいけない
⑨隣人に対して偽証してはいけない
⑩隣人の家と嫁を欲してはいけない
この10戒が書かれた石盤をモーセが神から預けられその石盤を巡ってユダヤ人は数奇の運命を辿る事になる。


※ぴゅー・リサーチ 2012年データ


あくまでも概算で正式な数では無いにしてもおおよその割合はあってるんじゃないかと思う。とりえあず日本人には馴染みが無いけど世界では6人に5人が何かしらの宗教に入ってる。神を信じてその神の言う事に従おうとしてる。

なんで宗教の話を出したかいうと西暦2014年の今、宗教の力で様々な発展を遂げた人類が宗教から卒業に向かっている。そのパワーがどれだけすごくてどれだけ戦争を起こしてどれだけお金を生み出して一方どれだけ平和を訴えているかという矛盾をもっと日本人に知って欲しく出した。でもこればっかりは話を聞功にも身近な周りの人がいないから自分で勉強して調べるしか無いと思う。。。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。