ベソブログ

日本人として本当に知って欲しい事、考えて欲しい事を伝えるブログ 歴史・政治・思想・音楽・芸術・文学・教育・経済・・・ジャンルなんて関係なし。作家BESOが日々感じ、考える日本人に伝えたい事を伝える。やってるかやってないかはバイブス次第

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪と善

悪と善。

悪魔と天使。

地獄と天国。

前回の陰と陽陰と陽からの続き。

何を持って悪と言い、善と言うのか。もちろんいろんな人の立場や見方、もしくは一般に共通した見方から言える概念。

でも今回一番言いたいのは何が悪と善を生み出したのか?

全ての物事は陰と陽のバランスで成り立っているという話からすると、全ての物事は悪と善のバランスで成り立っているという事になるかもしれない。

しかし、そうではない。悪人がいるから善人がいる。悪い事が起きるから良い事が起きる。というのでは、戦争が起きるから幸せがある。という話になってしまう。


悪と善について深く考えた一人の人物がいた。

『その人物は哲学者と言われていたが、捉えにくい抽象的な事柄に付いて言葉で論理を展開する人ではなかった。彼は当時のキリスト教義をあの世的な教義だと批判し、この世における真理、善、道徳こそ大切だと強く訴えた。つまり今生きている人のための哲学を打ち出した。

ニヒリズムを批判するこの哲学者。ニヒルとは日本語で言う虚無つまり何も無いという意味でニヒリズムは虚無主義と日本語では訳される。絶対価値や真理など無いというのがニヒリズムであり彼はこれを否定していた。そして生きる人々は自分の人生に何か価値や真理を追い求める生き物だと言った。

それが21世紀の現代では金銭と利潤である。そして彼の生きた19世紀までの西欧での絶対価値と真理はキリスト教道徳であった。しかし、彼はキリスト教道徳はありもしない価値を信じ込ませたり、神やあの世といったあいまいなものを通じて道徳を押し求める宗教であると解釈した。そして彼は現代のこの金銭と利潤の追求もニヒリズムから逃げる為の新しいニヒリズムだと批判していた。

つまり彼が言いたかったのは人に押し付けられた道徳や、周りとの幸せを比べるために自分の価値を追求したりするのではなく、自分の生きている世の中で人間としての道徳をみつけていく事が大切だという事である。』


  引用:超訳 ニーチェの言葉  フリードリヒ・ニーチェ 書 白鳥春彦 訳

とかの有名な「ニーチェ」は語っている。

これが彼の根本的な考え方である彼は、悪と善がこのキリスト教の布教とともに大きく変わったと言っている。

そもそも、上流階級の貴族や王族が下々の下層者や奴隷に対して持つ嫌悪感が悪という概念の始まりとされていた。逆に善は生まれた身分や権力的な力を肯定する言葉として使われていた。

しかし、キリスト教の布教により他の人達への行いである「利他的な行い」が善であるとし、「利己的な行い」を悪とした。キリスト教を広めようとしたユダヤ人は当時のローマ人にルサンチマンを抱いていた。ルサンチマンとはフランス語で、力の無い者が有る者に対して持つ恨み妬みや憤りの事である。

支配者層であるローマ人の自分の好き勝手を肯定的に生きるローマ人を悪とし、支配されながらも健気に無欲に生きるユダヤ人を善としたのだ。そして強い者は悪く、弱い私は善いとした歪んだ道徳観念を展開して行った。これこそがニーチェの批判する欲望を否定し自分の生を楽しまない事を善しとするキリスト教義的道徳だった。


つまり、今世間で言われてる悪と善についての多くは当時の虐げられていたユダヤ人が持ってた歪んだ道徳心をキリスト教が広まる事によって広まった考え方であるとニーチェは考えた。


悪い事・善い事なんて言うのはその立場や考え方でガラッと変わる。だからそれを決めつける事はしない方がいいのである。夜が悪いのでもなく贅沢が悪いのでも無いように、全ては悪と善なんかには縛られない。ただ、そこにあるのは裏と表だけが存在し、陰と陽がバランスを取ってるだけなんじゃないだろうか。。。

スポンサーサイト

陰と陽

コインは裏と表があって1枚のコインである。
コインには裏だけがあるんでも無く表だけがあるんでも無い。そしてそこに悪と善は無い。あるのは裏と表っていう概念だけである。その裏と表っていうのも便宜上人がそう読んでるだけ。

これは全ての事に言える事であって、人間にも前と背中がある。どっちがいい悪いじゃなくてただ後ろ前なだけ。全ての物や生き物に当然ある。無いとすれば水や空気とか形の決まって無い自然物ぐらい。

今のは目に見える物の話。今度は目に見えない物の話。

よく言われるのが、悪い人良い人・悪い事・良い事。人を助ける事は良い事で、人を傷つける事は悪い事。これに異論を唱える人はまずおらん。確かにと俺も思う。でも今回はその問題にこだわるよりそれを一回取っ払って一つ外枠について考えたいと思う。

そして出て来るのが陰と陽。さらに善と悪は無いっていう考え方。陰と陽は全ての物事に通じる考え方でいろんな場面に出て来る。化学にも生物にも医学にも数学にも経済にも宗教にも何でも出て来る考え方。

身近な所で言う月と太陽。夜と昼。陰と陽のバランスが取れる事によって自然の調和がとれる。ずっと昼やった生物も植物も生きられへん。逆にずっと夜でも同じ。そう考えると日本は素晴らしく陰と陽のバランスの取れた国。
春夏秋冬がキレイに巡って春分秋分の日は一日が半分ずつ太陽が昇る。

元々は天候と関係する言葉として生まれてそこから他の分野の考え方にも派生して行った。

日本には昔陰陽師呼ばれる人達が活躍してた。残念ながら(?)明治政府が制度を廃止して以来陰陽師という職業は無くなった。中国の周王朝時代に考え方が完成されたと言われそこから日本にも渡って来た。推古天皇・聖徳太子の理解によって日本に普及したとされ、冠位十二階にも色濃くその考えが表れている。

中国では陰陽説と五行説(木・火・土・金・水)の考え方をミックスさせた陰陽五行思想というのが一つの考え方で完成し、十干十二支(五行にそれぞれ陰と陽、干支の十二支)や暦が生まれた。

それを日本にも取り入れそれを国家での学問とし自然の観察や占いにも応用させ日本の陰陽道を築き上げて来た。日本には古来からの神道がありそれと相互に発展して行き占術・呪術・風水術の要素も取り込み日本独自の陰陽道が展開されて行った。

そして有名な安倍晴明などの陰陽師が誕生して行く。

だいぶ脱線したけど何が言いたいかって、要は全ての物事は陰と陽で成り立ってるっていう考え方が日本にはあるっていう事。それが月と太陽でありコインの裏と表。

人にも動物にも植物にも陰と陽があってそれぞれがバランスをとって自然の調和がとれてるって言う事。そこに悪と善は無くただ、白色と黒色があるだけ。のイメージ。

そこに横入りして出て来た悪と善。元々そういう考え方もあったかも知らんけど現代のみんなのイメージの悪と善は一つの背景が隠れてると言われてる。

その背景については長いから悪と善で。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。