ベソブログ

日本人として本当に知って欲しい事、考えて欲しい事を伝えるブログ 歴史・政治・思想・音楽・芸術・文学・教育・経済・・・ジャンルなんて関係なし。作家BESOが日々感じ、考える日本人に伝えたい事を伝える。やってるかやってないかはバイブス次第

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェレミー・コービン

江戸幕府末期。徳川を太陽に人々が生きる時代がようやく眠り始める。日が沈み暗い夜がやってくる。ペリーを始め海外からの圧力がかかり、国内でも紛争が起きる。

闇の夜が明けるように明治という日が昇る。ただただ明治という名前に変わっただけだったが。

多くの猛者がお国の為にとそれぞれの義に従い動乱の世を駆け巡った。彼らは維新志士と呼ばれた。現代では維新の会という政党もあるようだが。開国という課題に、徳川という一大家系政治の終わりに、階級社会の廃止にそれぞれが新たな考えと動きで、新しい日本という国の形作りを始めた。

始めたというよりは生まれた。地球上の全ての存在は生まれ変わる。むしろ宇宙上の地球を含む全ての星もと言った方が正確かもしれない。江戸時代という一人の人間が死に、明治時代という人間が生まれた。出産には大きな痛みを伴う。出血、陣痛、胎盤という母体からへその緒を通じ新たな生命が外の世界へ広がる。

戊辰戦争や西南戦争など相も変わらず多くの血が流れ、その多くの犠牲の上に新たな明治時代という国が生まれた。もちろん明治も今は無い。その時代が長かった遅かったは長生きしたか早死にしたかの違いだけで必ず死ぬ。

しかし、その死に際には多くの英雄が生まれる。時代のあかやひずみが限界に達して救世主を求めるのか、新たな英雄の出現により時代のくすみが浮き彫りになるのかわからない。そしてこの幕末という時代に現れた英雄の一人に坂本龍馬という人物がいた。

英雄とは名が大きければ大きいほど闇もでかい。その背後に控える指揮官の思惑も大きい。その英雄が残した言葉から彼らがどのように生き、どのような時代を作ろうとしたのか察する事しかできない。

ペリー来航に衝撃を受けた龍馬は
「俺は日本人だ」と

誰しもが「俺は◯◯藩の誰々だ」と言ってる時代に。

視野を広く持つという言い方。その捉え方は様々。藩という枠に収まらず、これからは一人一人が日本全体の一個人として考えを持たなければならないという意味ではないかと思う。

その背後の利害関係は今の段階では抜きにしよう。

そしてこの2015年の世界情勢が大きく変わると言われている時代に思う。

「俺は地球人だ」と。

ドラゴンボールの孫悟空のようなセリフ。所詮アニメの世界。しかし、龍馬は言った。現実世界で。

ここで、一人の人物を紹介したい。今の行き詰まった地球の生まれ変わりの鼓動を感じさせてくれる志士。英雄となるのか、逆賊として葬られるのか、またはただの英雄に祭り上げられただけのピエロか。信じれるものは自分だけで嘘だらけの時代に現れた、ジェレミー・コービン Jeremy Corbyn。

images.jpeg
(画像はネットより拝借)

おそらくは世界最強(最凶)の国イギリス。多くの英雄や悪魔が生まれる国。その国にまた大きな人物が現れた。ケネディーやリンカーンの意思を継ぐものと言われる。アメリカの英雄政治家二人になぞられるイギリス人政治家。その背景は金融制度の改革。

政治の根本はやはり経済と外交。経済の核は銀行。外交の中心は貿易。この二つを変えるには大きな痛みが伴う。その中心に今いる者は変わる事によって必ず被害を受ける。そうはさせまいと抵抗する。

が、この二つを正面から変えてやると大声を張り上げイギリスの国会の壇上に名乗りを上げた志士。

中央銀行の廃止、軍事的外交の廃止など、もし本当に成功すれば世界史の中で最も人間らしい革命が起きる。が、こんな絵空事は起きないのが人間史。

だが彼がどのように革命への道を辿り、どのような終着点に落ち着くのかを見届けるのが、現代に生きる「地球人」として大きな一歩に繋がると思う。もちろん日本人として日本の政治を考えなければいけない。その参考のために地球人としてイギリスに現れたジェレミーの思想や行動を見るべきだと思う。

新たな時代の日の出はもうそこまで来ている気がする。どんな夜明けを迎えどんな幸せな1日にするかは誰でもない自分がその1日を送るということではないだろうか。

スポンサーサイト

ジョージ・オーウェル George Orwell

読まれるべき本こそ読まれていないという話が多くある。

読まれるということだけに限らず、音楽・科学・映画・哲学・ファッション、どの分野においても。

ジョージ・オーウェルという作家がいた。

ひとまず彼の生涯を。wikipediaに載ってる内容でこのページに飛べば特にここに書く必要も無いが調べて読む時間が無い人の為にちょっとだけまとめてとりあえず書くことに。

ーーーーーーーーーーー

1903年にイギリス植民地時代のインドに生まれる。1歳の時に父を除く母親と姉と妹とイギリスへ渡る。学校では優秀な成績だったが、反抗的な態度から一部の教授からは厳しい成績を付けられていた。学生時代に後に有名になる知識人たちと知り合っていたのも人生の中では大きかった。

1922年に母親の母国ビルマへ渡る(ビルマの定義は今は無視する)。インド警察の訓練所に入所し5年間勤務。しかし、帝国主義という思想の警官の仕事を激しく嫌い退職しイギリスへ帰る。最底辺生活者の生活に密着したルポ作品を描く作家を目指し始める。1928年から1929年は筆をとりながら皿を洗ってパリで暮らすちおう時期だった。1930年から1931年は再びイギリスのロンドンで浮浪者に混じって放浪する。1933年処女作「パリ・ロンドン放浪記」を刊行する。

1936年にはスペインへ渡り内戦する両軍の思想のぶつかりに奮い立たされアラゴン戦線分遣隊として参戦する。共産党軍のスターリンの思想に反抗するが、戦場の前線で喉に貫通銃弾を受け致命傷を負う。共産党軍の弾圧も激しくなり追われるようにフランスへ。

1938年スペイン内戦の体験を描いた「カタルニア讃歌」を刊行。初版1500部の内900部が売れる。

1950年にこの世を去る。晩年に彼の作家としての才能は開花し名声も手にする。第二次世界大戦が始まるとイギリス陸軍に志願。しかしそれは叶わずホームガードの軍曹として活動。1941年にはBBCに入社し東南アジア向けの宣伝番組などを作成。

1945年、寓話小説「動物農場」を刊行。世俗的な名声と莫大な収入を得る。しかし1947年結核を患う。構想中であった「1984年」の執筆と療養を兼ね父親の母国スコットランドの孤島ジュラの農場へ篭る。治療に適した場所でなかったのもあり本土へ帰り入院生活を送る。しかし積極的な治療を拒否し再びスコットランドの孤島へ。1949年に「1984年」を書き終え1950年ロンドンで息を引き取る。


引用元 : https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョージ・オーウェル

引用終わり

ーーーーーーーーーーー

ジュージ・オーウェルの人生を書き連ねた。
この人生を知って欲しかったのではなく、この人生を送った最後に書き上げた「1984年」という作品を知って欲しいから描いた。

「1984年」はその後様々な分野の人々に多大な影響を与えた。その本に書かれた世界はディストピアと呼ばれる暗黒郷もしくは絶望郷という世界。完全管理され監視される世界が常識となっている日常の毎日。ディストピアという言葉を生み出し支配される社会に大きな波紋を起こす一つの石を投げ込んだ。

その作品に描かれた登場物が現在でも色濃く生き続けている。「ニュースピーク」と呼ばれる当時の英語を元にオーウェルが創作した造語は現在の社会問題を批判する上で比喩として使われ、ディストピアを危険視する人々の総称を「オーウェリアン」と呼ぶ。

「動物農園」では寓話として動物たちが言葉と知恵をもちそれぞれの役割を果たし人間に反逆を始める。しかし、人間も動物も同じで誰かが全体を支配し始め再び反逆が起きる。支配のために新しいルールを作り、古いルールを自分の都合のいいように変え、架空の敵を生み出し全体の思想を操ろうとする。

この支配と自由の元になっているのが思想であり言葉である。2つの武器で自由を取り返す。しかしそれは相手も使う武器。それを相手に主導権をいかに握られているかという世の中を嘆いている。

是非この世界観を知って欲しい。作品の詳細はまた追って書こうと思う。まずはこういう人物がいたということだけでも知ってもらいたい。


There are many stories that a book is supposed to be read hasn't read.

Not only being read as a book, also songs/science/movies/philosophy and so on.

There was a author George Orwell.

His life was that. You can see in the wikipedia if you want and clickthis page wikipedia.

I wanna tell you about the book「Nineteen eighty four」. Not wanna tell you how he spent his life.

The book inspired many people in any other fields too. In this book, the world is Dystopia which is under the control all things by a goverment. Totally government dominate and keep watch on people. He throw a stone to the real world to resist that kind of problem we have.

The word and idea coming on this book live in real would still now.Called「newspeak」he created word is used when people criticise social problem as a metaphor. And people who regard dystopia as a dangerous are called Orwellian.

「animal farm」is also having deeply philosophy. Always somebody wants to get control if main character is animal. And evolution is coming. Repeat this two things on and on. Make a new rule, change the rule only for themselves, make a phantom enemy to get initiative for managing people mind.

Control and freedom. The key is idea and word. I think he wanted to say. Keep two keys for living life with happiness.

ニコラ テスラ その2

世間と歴史から消された科学者ニコラ・テスラ。

どのように消されたのか?

自然の力を最大限に活かそうとする彼の研究は様々な発想を生み出した。「世界システム」「テスラコイル」など科学的に天才的発明を生み出した。しかし、それを実現されては困る人たちがいる。

世界システムとは世界を電気でつないでしまい、情報やデータを電気を介して送ってしまうという壮大な設備の完成。とここで、今の世の中を考えて欲しい。今の世の中は正しくそれに近いことが起きてる。

国際電話で海外と電話し、メールやラインなどインターネットで世界中とデータのやりとりをする。でもそれは有料。テスラの発想では無料でできてしまう。なぜなら自然界にある電気を介して世界をつないでしまうからである。

そうすると今バリバリ稼いでいるインターネット会社・携帯のキャリア達は今のような莫大な利益は無かった。この人たちによって世間から消されたと言われている。

元々この世界システムの研究の資金はJP・モルガン。しかし、運命に負けるかのようにエジソンに次ぐ二人目のライバル グリエルモ・マルコーニ に太平洋横断無線通信にタッチの差で負けてしまう。

成功を確信し、夢の実現があと少しという所で資金援助は打ち切られる。


エジソンとの直流・交流対決には勝ったのに交流は安全ではないと嘘の理論をバラまかれ、マルコーニとの無線対決はタッチの差で負けてしまいさらに表舞台に出るタイミングを失うこととなる。

さらに研究を進めた彼は、自然の力の延長に宇宙の力について考え始める。今でこそ、宇宙の研究は一般的な学問として確立されている。しかし、当時の世間の目は冷たかった。

今でも冷ややかな目で見られるかもしれないが、宇宙との交信の研究していたり、宇宙の科学について真剣に学説を発表していた。これがさらに悪名高いマッド・サイエンティストと認識され世間から敬遠された。

何の因果かエジソンも晩年は宇宙との交信を研究していた。しかし、エジソンにマッド・サイエンティストの悪名がつくことは無かった。


そんな彼の天才的な発想や蓄積されたデータは思わぬ形で活かされる事になる。活かされているのか悪用されているのかはわからないが。。。

生涯独身で家族もおらず、研究しながら家政婦がいるだけのホテル暮らしを送っていた。ひっそりとホテルの一室で最期を迎えたの家政婦が発見した。ここでまさかの事件が発生する。

警察が遺体を引き取ったあと、FBIが彼の金庫にあった研究資料をそっくりそのまま持って行ってしまった。遺体には何の興味もなく、欲しかったのはその研究資料のみである。


それもそのはず、テスラコイルなる気球を真っ二つにしてしまう(と自身は語る)装置や、地震発生装置などを考え研究していたデータがアメリカの中枢以外に知れたらアメリカは困る。

すぐさま回収し、それを研究したに違いない。。。


そんなテスラが残した言葉がある。

"If you want to find the secret of universe, think in term of energy, frequency and vibration"
"もし宇宙の秘密いついて知りたければエネルギー、周波数と波動について考えよ”

という言葉である。最後にこんな動画を紹介しようと思う。



参考URL
テスラが考えた世界
目で見る周波数
http://www.abundantia-jp.com/nature/目で見る周波数/
ニコラテスラの悲劇
http://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-12.htm

ニコラ テスラ その1

ニコラ テスラ

1856年クロアチアに生まれる。二人の姉、一人の兄、そして一人の妹がいた。その兄は7歳頃からすでに「説明できないほどの天才的知性」を持ってたと言われている。しかし、その兄は12歳という若さでこの世を去ってしまう。この兄の存在と死はそれからも彼の心の奥に残り続けたと言われている。

テスラは幼い頃から技師になりたいという夢があり、身の回りにある物で様々なユニークな物を作っていた。プラハ大学で電気工学を学んだ後、パリのコンチネンタル・エジソン社に入社。その電気工学における才能を見出されアメリカ本社に呼ばれる。そこで、世界の発明王エジソンとの壮絶な電流のバトルが繰り広げられることになる。

発明と言われたら1番に出てくると言っても過言では無いエジソン。「白熱電球」の発明や「蓄音機」などたくさんの発明品を世に送り出した。当時は一流の大学を経て有名な研究室で実験をした科学者が発明する、というのが一般的であった。その常識を覆して、有名な学校も卒業せず、何の学位もないエジソンが素晴らしい発明をし続ける。それこそが発明界に新たなスタイルとして大きな功績を打ち立てたと言われてる。度重なる実験への意欲や努力によって何かを生み出せるんだという証明であったと。

そのエジソンは電流を直線でつなげる直流を採用していた。中学高校の理科で習う直流と交流。そのエジソン社で働くテスラは、交流の方が安全で効率的だと主張する。両者の意見は当然対立。エジソンは、エジソン社で採用されている直流式で動いているシステムを交流で動かす事が出来たら、5万ドルの報酬をあげようとテスラに問いかける。直流が安全で簡単であるというエジソンの理論がその五万ドルという高額な報酬の背景にはあった。しかしテスラは難解な交流式でのシステムの稼働に成功。でも、その報酬が支払われる事は無かった。エジソンはその成果を認めず、逆に世間には直流の方が安全で効率的であるとさらに説いてまわるようになる。

そこから発明王エジソンと奇才テスラの溝は埋まることは無かった。エジソン社を退社したテスラは独立し貧しいながらも研究所を設立。交流式の設備が徐々に認められ特許を得るなどして地位を確立していく。その後もエジソンに対して意見を求めらる時には真っ向から対立。テスラは理論科学者として、大学で学んだ数学や理論をもとに実験する。それに対しエジソンは、直感的で何度も何度も繰り返す実験で成功を収めてきた。このスタイルに対しても批判的で、その努力や時間の浪費を計算や理論で90パーセントは減らすことができる無駄であると批判した。

また、テスラのスタイルとして「自然界のエネルギーを最大限に引き出す」という考え方も大きい。幼い頃に雪山で小さな雪の玉が転がって家ほどもある大きな玉になったのを見て「自然界には計り知れないパワーがある」と感じた。ある時、山中を一人で歩いていたら大きな雨雲が襲って来た。小屋で雨宿りしようと雲を眺めていたが、十分すぎる雨雲の中、なかなか雨は降らなかった。と、その時雨雲に一筋の大きな稲妻を見る。その瞬間大雨が降り注ぎ彼は雷の電流・電圧があらゆる物事の引き金になっているのではないか?と電流の研究をし始める。そしてそれを自在に使うことができれば、砂漠に雨を降らすことも、世界中に電気通信を巡らすことも可能だと考えた。

そうして生まれた「世界システム」と呼ばれる構想。地球自体が持ってる電気エネルギーを活かして世界中をネットワークでつなげてしまうという構想が展開された。しかし、結局はこのシステムは失敗に終わる。莫大な投資が無駄になってしまったが、発想と理念は間違っていないと言われている。

また高電圧によって大きなパワーを生み出す「テスラコイル」というものも発明された。SF映画に出てくるようなエネルギー波はこれを元に創られたと言われてる。大きなものや固いものに高電圧を一点に集めたエネルギーで破壊してしまうという技術。彼はこれをもってすれば地球をも真っ二つにできると豪語した。

都市伝説の一つにフィラデルフィア実験というものもある。今でも普通に使われいる海上での敵レーダーから身を隠すステルスという技術。テスラの場合はレーダーどころか視界から消えるという発想であった。簡単に言うとワープするという実験。空間を曲げいきなり敵の前に現れるというワープを実験したが、その船の乗組員は船に体が埋まって現れたなど不可解な説が残っている。これは信憑性の低い記録として残っているが、こうした技術の開発から世間からはマッドサイエンティスト、つまり狂気の科学者としての評判が立ち、世間からの目は発明者よりは狂人としての認識が広まっていた。

しかし、功績としては確実に大きく貢献してきた。現代の電流は交流がメインでありエジソンの発明よりも優秀なものを残している。世界システムも今は形を変えたネットワークが選択されているが発想は現代にも生きている。功績や能力とは反比例となってしまった認知度や評価。その裏には様々な要因があり正に現代のエネルギー問題の核となる理由がそこにはあった。

軍事利用されている発明もあるが、彼は紛れもなく平和主義者であった。著書にも、インタビューにも世界平和のための科学が語られており、そのための研究や発明の活動であった。アインシュタインもそうであったように科学の発明というのは人間の生活の豊かさと軍事利用のコインの裏表がある。

Vol.2に続く

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。