ベソブログ

日本人として本当に知って欲しい事、考えて欲しい事を伝えるブログ 歴史・政治・思想・音楽・芸術・文学・教育・経済・・・ジャンルなんて関係なし。作家BESOが日々感じ、考える日本人に伝えたい事を伝える。やってるかやってないかはバイブス次第

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TBH Tha Blue Herb 「NEW YEAR'S DAY」

年の瀬。年末。師走。

忙しさが自分よりも先を走る。

忘年会で今年の垢を落とし、新年に向け新たな準備をする。
寒さの中で席を囲み、酒を酌み交わす。

今年あった嫌な事を忘れるのと同じ様に、昨年の今頃自分が言っていた事を忘れてしまっている自分に気付く。

来年こそは。次こそは。反省と共に希望や願望に呼びかける。

そのヴィジョンを今年はどれだけ持ち続け、走り続けられただろう?
そんな一年を振り返る事ができればそれこそ「来年こそは」という言の葉の中に実が実る。

ひそかにBESOが追い続けるアーティストを紹介する。
何かと批判的に周りをみてしまう癖がついた中、無条件に賞賛してしまう数少ない人物の一人。

ILL BOSSTINO

自分自身の ILL B 哲学 をリリックという刀身に込める。切れ味鋭く他を寄せ付けない雰囲気を放つ妖刀を武器に、日本の真似事HIPHOP界や日本そのものを正面から斬りかかる。

アメリカの真似をしてただただ金や女の歌を歌ったゲイみたいなJapanese Hiphopではなく、自分の生き方や哲学で勝負するのが本物のHIPHHOPだろうと言い放つ。

確かに万人に受ける音楽じゃないだろう。祝いの席で聞く音楽ではないだろう。

だが自分の心の奥に燻る炎を押さえ込んでいられない、溢れる感情や想念から繰り出される一つ一つの言葉の重さがひしひしと伝わる。

いつの時代もアイドルグループは後が絶えない。もちろん良い悪いではない。それをもし決めるとするならば聞く人が決める事。

しかし同じ「音楽」というジャンルで話をするならその奥の深さと重さを実感してほしい。
何を思い、何を考え、どこへ向かい、どう走っているのか、その生き様を。

そのアーティストが好きな理由はなんだろうか?
流行りを追い求め、見た目の派手さにただただ憧れているだけの自分がそこにはいるんじゃないだろうか?
言葉で説明する必要はないだろう。ファンである理由はただ好きだから。で十分だろう。

表現者であるアーティスト。その作品であるショーやCDを見て聞いて、自分の心の動きの振れ幅を感じさせられる。

自分の心の動きは自分にしかわからない。人が感動するものが必ずしも自分の心を動かすとは限らない。
影響力の大きい偉大な表現者はやはり多くの人の心を大きく揺り動かす事ができるだろう。


昨年の今頃、リリースされた般若とのタッグ「NEW YEAR'S DAY」



これを聞きながら今年一年を振り返り、できなかった事を来年につなげる。自分の中での橋渡しをするためにも改めて自問自答する。

スポンサーサイト

「奴ら」と闘う マイケル・ジャクソン

「King of pop」

人々がいつしか彼をそう呼ぶようになった。歌の専門家が歌を聴き絶賛しダンスの専門家がダンスに魅了される。

天は二物を与えないと言うけど、二つを持っていたKING。

王が命を賭けて闘った相手。それはCDの売り上げでもなくグラミー賞でもない。

「奴ら」との戦い。

「奴ら」とは誰か???

これを見て欲しい。



全部見たら長っがいから要約。の、前にモーセとファラオについて少し。

MJは現代のモーセであると衣装やステージでの振る舞いで表現してる。モーセは前回に軽く出てきたユダヤ教の予言者。厳密に言うとユダヤだけではなくキリストイスラム教にも深く関係している。

モーセは幼少の頃エジプト王ファラオに殺されかけたが、周りの救いもあり命からがら救われた。しかもそのファラオの嫁に拾われその元で過ごす。しかし同胞であるヘブライ人がエジプト人の迫害を受けている事からファラオにエジプトからヘブライ人の退却を懇願する。

それに反対したファラオだがそれを機に災害に見舞われたエジプトを考えファラオはそれを許す。しかしその後、モーセ率いるヘブライ人を始末するべく追いかけさせた。追いかけた一行はとうとう紅海でヘブライ人を追いつめる。しかしそこでモーセが奇跡を起こし神より授かった杖で海を切り開く映画でも有名なシーンである。

エジプト人の追随を振り切ったヘブライ人はモーセに導かれ約束の地(現在のパレスチナ)を目指す。

つまりファラオは王であり自分に危険な存在や気に入らない物を排除しようとする。そしてその構図をそっくりそのまま現代に移し替えているのがMJ。

ファラオは現代の世界を裏で支配す一握りの超富裕層。対して、神からの教えを守り人々のため幸せを追い求めそれらの支配から逃れようとするモーセがMJ。

そして最終的に迎えたのがMJの暗殺。これには様々な検視結果の疑惑や、調書の食い違いが言われており、結論としての投薬事故死では無いと言われている。

その死はMJのライブ「THIS IS IT」の直前で、彼はこのライブで衝撃事実を発表する事を計画していた。もちろんそれによって自分の命が危ない事も知っていた。そのため、リハーサルを入念にテープに収めていた。それが映画となったTHIS IS ITである。しかしそれはほんの2時間程度。実際は100時間程取られていた中、その支配層が許可した2時間だけとなり、MJが本当に伝えたかった事は全て言えなかった。

何が言いたかったのかは是非映像を見て欲しいが、一言で言うと、超富裕層の支配に一人一人が起き上がり闘おうという事。その強烈なメッセージがあったため人々は彼の声やダンスや立ち振る舞いに魅了されたのではないかと思う。

6/25日はMJの命日である。KINGである彼がどんなメッセージを我々に発しようとしていたのか感じて欲しい。

『愛』

いろんな声に傾けた結果、多くの人が言う事には本当の事が多い。
もちろん違うなと思う事もある。

でもその中でこれだけは疑う余地も無いぐらいほんまと
思う事。

「愛」

ほんまに多くの人が言う。
なんで言うか。

本物やから。
「愛」にはパワーがある!!

科学的に言うと波動がある。
目には見えないパワーの事を科学的に言うと波動と呼ぶ。
超音波や赤外線なんかはまさしくこれ。

もちろん科学的に証明する事は出来ひんけど
人間なら誰しもが証明できるパワー
それが「愛」やと思う。

なんでこんな事を言い出したかと言うと
歌がきっかけ。

いろんな人がいろんな歌を歌ってる中で
(別に統計を取ったわけじゃないけど)
確実に一番多くテーマになってるのがこれ!

自分の思いを歌で表現するシンガー世の中にこんなにいっぱいおんのに
みんながみんな言うねんからほんまに伝えたい事なんやと感じる。

その中で一番の伝説がこれ!!


その次個人的なレジェンドがこれ!!



ベソはレゲエが好き。
なぜならテーマがLOVE&PEACEやから

ほんまにこの世に愛しかなかったら戦争なんておきひん。
もちろん愛しか無い世の中になるには難しいことが一杯やけど
諦めない限りなれると思う。

前回の宇宙の話も実はつながってる。
愛の正体は宇宙からのエネルギーっていう人が多くいる。
さっき出て来た波動がこれ。
太陽のあったかさも波動。

っていう事で次回はちょっと波動の話をしようと思う。
波動とは

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。