ベソブログ

日本人として本当に知って欲しい事、考えて欲しい事を伝えるブログ 歴史・政治・思想・音楽・芸術・文学・教育・経済・・・ジャンルなんて関係なし。作家BESOが日々感じ、考える日本人に伝えたい事を伝える。やってるかやってないかはバイブス次第

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞い降りるもの、立ち昇るもの

様々なものが落ちて来て、天に帰っていく。今回はその一つ一つを考えてみようと思う。

まず落ちてくるもの。自然界の物としては、雨、滝、雪、光、・・・。

地面や海・河・湖から水蒸気が上がり、空の基本の低さで雲が出来また水として落ちてくる。自然のサイクルの一環として毎日これが繰り返されていく。そのサイクルが何度も何度も繰り返され地球の表面を形作る。

雨は恵みの雨とも言われ動物に飲み水を与え、植物にも成長の要素として育ててくれる。時として舞い降り過ぎて洪水などの自然災害も生み出す。雪はさらに自然災害を生みやすく雪崩や交通麻痺も起こしやすい。その分雪解け水は普通の水よりも美味しく重宝されるものとなってくれる。

そして光。これは太陽からの恵み。全ての生命に明かりを灯し生きていく為の全ての原動力となる。動物は光によって見ることが出来、植物は光合成ができる。太陽からの光線によって地球に温度がもたらされ動植物が生きていく環境が整う。つまり光が舞い降りなければ今の生活どころか地球そのものが成り立た無い。そのぐらい重要なもの。しかし、その恩恵を感じ、感謝するという機会は日々の生活ではあまりない。太陽神へ感謝するという宗教儀式が一部ではあるかもしれないが。

そして上がっていくもの。自然界の物としては、水(水蒸気)、空気(上昇気流)・・・。今思いつくだけではほとんど無い。

つまり自然とは基本的に上から降りてくる物ばかりである。ニュートンが発見したと言われている万有引力の法則。全ての物は地球の重力に引っ張られ上から下へ降りるという話。

何かが上に昇っていくというのは自然には発生しにくい現象であるという事。

ここで自然界以外に降りるもの、昇るものを言葉として見てみる。
舞い降りる、龍、神、生命、アイデア、エナジー・・・
立ち昇る、龍、ロケット、登山、エナジー・・・

ここに書いたのは日本語としての感覚で書き並べた。やはり舞い降りる方が多い。意識や目に見えないものでも舞い降りる方が多い。

意識にも万有引力の法則が成り立っているんでは無いかとも思える。

奇妙な話が両方に出てくる龍とエナジー。伝説の生き物として語り継がれる龍。目には見え無いが普段なにげない会話に出てくるエナジー。天から地球に舞い降り、また天に帰っていく龍とエナジー。この二つの言葉は実は一つのものなんじゃないかとも思う。そして生命。よく子供が生まれた時に「天からの授かりもの」「産み落とされる」という言い方をする。

そして死ぬ時に「天に帰っていく」と言われる。つまり、天からエネルギーとして龍として生命として舞い降りてきて、地球で人間として動物として植物として何かをその人生で行い、また天に帰っていく。その全てはエナジーが関係してるんではないかとこう書いてみると思う。

それは地球の引力から解放されて自然の法則から外れるのか、もしくは別の天の引力に負けて天に引っ張られるのかもしれない。万有引力の法則という考え方を軸に考えれば。

なぜ人は山に登るのだろう?空へ向けロケットを飛ばすのだろう?そこには多くの困難や危険が待ち受けている。登山者には毎日のように遭難者や行方不明者が出ている。ロケットも事故で多くの命が犠牲になっている。という現実を知りつつ人は上に、天に登りたがる。

このエナジーや舞い降り立ち昇るなにかの答えに近づけるからではないだろうか?自然の法則を無視する事によって。なにが待ち受けているのかは行った人にしかわからないのである。「行け、行けばわかるさ」まさにその通りである。

落ちる事、もしくはその重力や引力に耐えながら横の動きをする事は皆がやっている。それが日常生活。もちろんそれだけでも辛い事や困難も多くある。さらにそれに逆らい落ちるはずのところから登ろうとする。そこには計り知れない労力と原動力が必要とされる。

目標に向かってトップに上り詰めるという考え方にしても登るという行為。諦めて下で緩やかな日常生活を送ればいくら楽になるかわからない。

人は生まれ落ち、天に昇り帰っていく。そう考えると何かに昇るために生まれたのかもしれない。

スポンサーサイト

高野山

日本が世界に誇る多くの世界遺産。富士山と並びパワースポットとして語り継がれる高野山。その高野山にはどんなパワーが隠されているのだろうか?

高野山というだけあり山がメインのスポット。不思議な点の始まりは山にいきなり街が現れるという事。普通の山道を上がっていくとポイントにさしかかったぐらいからいきなり大きくはないが街が現れる。山の中に。

ご飯屋やお土産やさん、中には理容院まである。大型の駐車場もあり駅もある。山の中に。

文豪司馬遼太郎の記念石碑がありそこにも書かれていた。
「山上はひしぎなほど平坦である。そこに一個の都市でも展開しているかのように、堂塔、伽藍、子院などが棟をそびえさせ、ひさしを深くし、練塀を連ねている。
 ー中略ー
大門の向こうは天である。山なみがひくくたたなずき、四季四時の虚空がひどく大きい。大門からそのような虚空を眺めていると、この宗教都市がじつは現実のものではなく、空に架けた幻影ではないかとさえ思えてくる。
まことに、高野山は日本国のさまざまな都鄙のなかで、唯一ともいえる異域ではないか。」

という石碑が一の橋という橋を渡り少し歩いたところにある。

街が山のなかにあるのが不思議である。これは幻ではないのかと思うほど。

そして進むとそこにあるのは、ただ、墓がある。墓、墓、墓。

確かにお寺といえばお墓はある。しかしこんなにもおびただしい数の墓がある場所はそうないのではないだろうか?

しかもその墓石に書かれている名前は只者では無い。織田信長、石田三成、豊臣秀吉、明智光秀・・・。かつて日本史を騒がし時代を作り上げた男たちの名前や太平洋戦争などで戦死した者たちの記念石碑まである。今の日本があるために生を全うした人々の魂がここに弔われている。

墓とは、誰かが死に、その人生を弔い、感謝し、供養するために、残された人々が作るもの。その墓がこの高野山に日本全国から集まっているのだ。もちろんみなが此処で没したわけでは無い。にも関わらずここに墓を建てたいと、残された人々が立てる。

その墓の森を抜けると36枚の板を組み合わせ作られた橋が現れる。この橋を越えると高野山の開祖弘法大師が開設1200年経つ今でもおられると立板に書かれている。

みな一礼しその橋を渡る。そして少しいくと、御廟が現れる。肉体なき今も魂はそこにおられる。と言われる。本当にいるのかどうかはさておきその雰囲気は神々しい。木々の生い茂る山上。そこにある墓と大きな木と墓を新たな住処とし生い茂る苔。君が代の一節を思い出す。「苔のむすまで」大きな何かに見守られて安らかに育つ木々と苔たちもここに弘法大師がおられると言っているかのようだった。

その墓には過去の偉人たちだけでなく、現代の大企業の社碑や個人の墓もある。事故や様々な戦争の記念碑もある。生きとし生けるものとして生を終えた人々が弘法大師に安らかに導かれるように願いを込められている。

人の生き死にと自然の豊かさを感じさせられる高野山。まだ訪れたことの無い人は開設1200年記念の今年に訪れるのも感慨深いものがあると思う。

獅子座の門 Lion Gate

百獣の王「ライオン」。ライオンを型どった星座の獅子座。

そこに込められている意味は百獣の王としての威厳。他の民を導き世のため人のために自ら険しい道や苦を選ぶ。時には我が子を谷底へ突き落とす愛情の裏返しの非情さ。

そんな獅子座の守護星は「太陽」。まさしく百獣の王にふさわしい守護星。太陽系と言われる地球を含む星々の中心である太陽。獅子座が最も輝くこの夏という期間はそういう意味でも熱く太陽からのエネルギーが降り注がれる。

そして獅子座の真っ只中に訪れるこの8月8日という日は古くからあるゲートが開く日と言われている。その名も「ライオンズゲート」。宇宙は数字で構成されているとよく言われる。数字の8が2つ並ぶ特別な日に輝く獅子座の門が開く。

さらに今年は2015年という事で2+0+1+5=8で888のライオンゲートとなり特別な日とされている。ただのこじつけ。という見方もある。そもそもライオンゲートなんてあるわけない。とも。

もちろんそんな意見も有りです。

ただ言いたいのは、今でも語り継がれている様々な事には意味があり、残るべくして残っている。その中で語り継がれるライオンゲート。ゲートという言葉は様々なシーンで使われている。特にスターゲートはそろそろ注目を集める時代になってくるのではないかと個人的には思う。

つまり888のライオンゲートが開く今日、2015/8/8。そのパワーを感じるため、瞑想をする人。断食をする人。普段通り生活する人。気にしない人。そんな馬鹿げた話と思う人。それぞれに同じ「今日」がやってくる。

今日という1日を、今という一瞬をどれだけ大事に生きて自分の人生としっかり向き合えるか。その一瞬一瞬が次のステップ、明日、1年後、10年後・・・の自分を型どっていく。無駄な事など、無駄な瞬間などなどない。逆に無駄と思える事にこそ意味があり新たな気付きがある場合も多い。

なんにしろ、猛暑日の今日。太陽から大きなパワーがライオンゲートを通り地球に降り注がれた。気がする。ちなみに、圧倒的なパワーに体調を壊す人が多く出るとも言われている。今日体調が悪くなった人は意識で感じていなくても体が感じていた結果なのかもしれない。

ちなみに2015年の獅子座の新月は8/14 23:53 です。
例によって、獅子座の意味合い
・王としての寛大さや強さ、周りの人を思いやる気持ち
・太陽のような尊厳、輝き、物事の中心
・ひいては陥りやすい、自己中心的考え方、排他的な考えの見直し

そんな事を心に秘めながら願い事をするのがいいのではないかとおもいます。

Lion Gate

king of beasts「Lion」, A constellation resembles Lion, The Lion.

It has dignity of king, to lead others and choice hard way for people and world. Also has heartless decision like push son to the bottom of the gorge as the other side of love.

The guardian STER is 「SUN」.Certainly, deserves to be a king. The center of the solar system that have many stars and planet include the Earth. Huge energy fall and invest to the Earth for a summer while the lion shine most in a year.

The date 8/8. this date is called opening gate day since ancient「Lion gate」.Some people say Universe is consist from numbers. Two 8 are in a line at this date.

In additional, 2015 means 2+0+1+5=8. Three 8 are in a line this spetioal date.

Do a meditation, do a fast, spend life as a usual, for feel special power at this day. It doesn't matter don care about it. Same date 「Today」comes to everyone.

Most important thing is how u get a time or life at 「NOW」with facing to yourself and your life. The each time create your next step, tomorrow, one year later, ten years later, and so on. There is nothing nonsense moment and thing. If anything, nonsense has meaning and new message for you.

Anyway, huge energy fall to the Earth from SUN through Lion gate. some people may feel bad from huge power. It might result as that body feel the energy even if not feel on conscious.

Incidentally, new moon of Lion is 8/14 23:53
・Generous and power, care about other people as a powerful man
・Dignity, shine or centre like the Sun
・To reconsider go down egocentric and impenetrative thinking,

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。