ベソブログ

日本人として本当に知って欲しい事、考えて欲しい事を伝えるブログ 歴史・政治・思想・音楽・芸術・文学・教育・経済・・・ジャンルなんて関係なし。作家BESOが日々感じ、考える日本人に伝えたい事を伝える。やってるかやってないかはバイブス次第

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ人とユダヤ国

言い方はちょっと不思議やけど世界には日本が承認する国が194カ国ある。そして日本で195カ国。ちなみに国連に所属している国家から国家として承認されている国家の中で、日本が承認していない国は10カ国ほどある。例えば北朝鮮や中華民国(台湾)にパレスチナ。

世界にはこんなに多くの国が有る中での一つの日本。別に順位を競って1位の国を目指すためにみんな生きている訳ではないと思うけど何故か競ってる国々。もちろん国によって環境・人種・宗教・文化が大きく違ったり似ている所があったり。

ユダヤ人とよく口にするのに、ユダヤ国という国は無い。ユダヤ人とは現代では主にユダヤ教徒の事を指し血族的な意味合いでの人種も多様である。また何人でもユダヤ教に改宗すればユダヤ人となる事が出来る。つまりユダヤ国ユダヤ人ではなく、世界各地にユダヤ人がいる。つまり日本人が思う日本人ではなく、ユダヤ教を信じる人々がユダヤ人である。

そのユダヤ人にとって最も大切な書物とは「旧約聖書」である。日本人に取って「旧約聖書」と「新約聖書」もどっちもただの「聖書」である。誰が書いたのかも何が書かれているかも特に気にしないし、キリストが書いたんじゃないの?と思う人も多いかもしれない。これを詳しく書き出すと何ページあっても足りないので簡単に。

ユダヤ人を知るということは「聖書」を理解することであると言われているぐらいその根底の理念は深い。聖書をヘブライ語で書かれているものを「旧約」ギリシャ語で書かれているものを「新約」と呼ぶ。そしてユダヤ人は「旧約聖書」こそが唯一の聖典であり、「新約聖書」を聖書とは呼ばない。その「旧約」は1000年以上にわたって書かれているとされ筆者も時期も特定できない。そして西暦90年頃イスラエル人学者によって聖書選定の会議を行い、ヘブライ語で書かれた39の書を「旧約聖書」と定めたとされている。それは大きく「律法書」「預言書」そして「諸書」(「詩編」「歴代誌」からなる)に分けられる。

聖書に書かれている大筋は神の本質についてである。『私は熱情の神である。その神である私を拒む者はその罪を三代・四代末の子孫にまで問うが、私を愛し、戒めを守る者は幾先代にも及び慈しみを与える。』その私を拒むか?それとも愛するか?という内容。そこには二者択一の愛するか拒むかの答えしか無い。その答えとして神と契約をするのが聖書を遵守するという事なのだ。

「旧約」での旧い契約は紀元前1250年頃エジプトから民族的脱出をしたイスラエル民族にシナイ山で唯一の神ヤハウェと交わした契約であり、他の神を信じる事は禁じられている。「新約」は1世紀初頭にパレスチナで宣教したイエスの新しい契約。ユダヤ教の旧約的な儀礼や律法を否定し、神の愛や神そのものを心の中で信じ、隣人へ働きかける。

つまり、唯一神ヤハウェへの愛を誓うために食事に関する儀礼的な律法や安息日などを「旧約」通りに遵守するユダヤ教。それに対し、神への愛さえ有ればそういった諸々の堅苦しいものはいらない、と開き直り新しい契約を結ぶ「新約」を導き出したのがキリスト教である。しかし、元々はイエスも「旧約」を持ち布教していたとされその中で彼が新しい考え方や教えを生み出したのだ。


ここまで聖書についておそらくは簡単に説明した。聖書を研究している多くのユダヤ教とキリスト教徒からは指摘の嵐が起きそうだが、中見利男 著 「面白い程よくわかるユダヤ世界の全て」から抜粋させてもらった。



続きはユダヤ人と現代

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://beso373.blog.fc2.com/tb.php/20-14dc4ca8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。