ベソブログ

日本人として本当に知って欲しい事、考えて欲しい事を伝えるブログ 歴史・政治・思想・音楽・芸術・文学・教育・経済・・・ジャンルなんて関係なし。作家BESOが日々感じ、考える日本人に伝えたい事を伝える。やってるかやってないかはバイブス次第

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコラ テスラ その2

世間と歴史から消された科学者ニコラ・テスラ。

どのように消されたのか?

自然の力を最大限に活かそうとする彼の研究は様々な発想を生み出した。「世界システム」「テスラコイル」など科学的に天才的発明を生み出した。しかし、それを実現されては困る人たちがいる。

世界システムとは世界を電気でつないでしまい、情報やデータを電気を介して送ってしまうという壮大な設備の完成。とここで、今の世の中を考えて欲しい。今の世の中は正しくそれに近いことが起きてる。

国際電話で海外と電話し、メールやラインなどインターネットで世界中とデータのやりとりをする。でもそれは有料。テスラの発想では無料でできてしまう。なぜなら自然界にある電気を介して世界をつないでしまうからである。

そうすると今バリバリ稼いでいるインターネット会社・携帯のキャリア達は今のような莫大な利益は無かった。この人たちによって世間から消されたと言われている。

元々この世界システムの研究の資金はJP・モルガン。しかし、運命に負けるかのようにエジソンに次ぐ二人目のライバル グリエルモ・マルコーニ に太平洋横断無線通信にタッチの差で負けてしまう。

成功を確信し、夢の実現があと少しという所で資金援助は打ち切られる。


エジソンとの直流・交流対決には勝ったのに交流は安全ではないと嘘の理論をバラまかれ、マルコーニとの無線対決はタッチの差で負けてしまいさらに表舞台に出るタイミングを失うこととなる。

さらに研究を進めた彼は、自然の力の延長に宇宙の力について考え始める。今でこそ、宇宙の研究は一般的な学問として確立されている。しかし、当時の世間の目は冷たかった。

今でも冷ややかな目で見られるかもしれないが、宇宙との交信の研究していたり、宇宙の科学について真剣に学説を発表していた。これがさらに悪名高いマッド・サイエンティストと認識され世間から敬遠された。

何の因果かエジソンも晩年は宇宙との交信を研究していた。しかし、エジソンにマッド・サイエンティストの悪名がつくことは無かった。


そんな彼の天才的な発想や蓄積されたデータは思わぬ形で活かされる事になる。活かされているのか悪用されているのかはわからないが。。。

生涯独身で家族もおらず、研究しながら家政婦がいるだけのホテル暮らしを送っていた。ひっそりとホテルの一室で最期を迎えたの家政婦が発見した。ここでまさかの事件が発生する。

警察が遺体を引き取ったあと、FBIが彼の金庫にあった研究資料をそっくりそのまま持って行ってしまった。遺体には何の興味もなく、欲しかったのはその研究資料のみである。


それもそのはず、テスラコイルなる気球を真っ二つにしてしまう(と自身は語る)装置や、地震発生装置などを考え研究していたデータがアメリカの中枢以外に知れたらアメリカは困る。

すぐさま回収し、それを研究したに違いない。。。


そんなテスラが残した言葉がある。

"If you want to find the secret of universe, think in term of energy, frequency and vibration"
"もし宇宙の秘密いついて知りたければエネルギー、周波数と波動について考えよ”

という言葉である。最後にこんな動画を紹介しようと思う。



参考URL
テスラが考えた世界
目で見る周波数
http://www.abundantia-jp.com/nature/目で見る周波数/
ニコラテスラの悲劇
http://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-12.htm

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://beso373.blog.fc2.com/tb.php/29-107114e4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。