ベソブログ

日本人として本当に知って欲しい事、考えて欲しい事を伝えるブログ 歴史・政治・思想・音楽・芸術・文学・教育・経済・・・ジャンルなんて関係なし。作家BESOが日々感じ、考える日本人に伝えたい事を伝える。やってるかやってないかはバイブス次第

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅に出よ、再会せよ



因果応報。人が行動するには必ず理由がある。理由の後を結果が追いかけ、結果には原因が付きまとう。

理由なき反抗ですら理由がある。人を愛し、世を憎む。何かと何かが存在するとそこには関係が生まれる。木と火。火と土。土と金。金と水。水と木。出口の無いサーキット。何周ラップを繰り返せば無に帰るのかはわからないが、ただただ車とドライバーは走り続ける。

今回は日本を訪れたアレックスとポーリーンの話。

東へ進んだ果てにたどり着いたのか、菊の花の香りに導かれたのか。それぞれストーリーも背景も違う。が、どうやら理由もなく日本を訪れたという事では無いらしい。

アレックスは言った。「子どもの頃母親に言ったんだよ。俺は大きくなったら日本に行くよ!って。」「なぜ日本に行くの?」「わかんないんだけど、でも行くんだ。」「不思議な子だね」と母親の疑問に明確な答えを差し出す事なく、ついに大きくなったアレックスは日本へたどり着いた。遥か遠くアイルランドからはるばる自転車で。彼を乗せた二つの車輪はゆっくりと、時にその回転を止めながらヨーロッパとアジアの広大な地を無事に横断させた。2年を費やした。

ポーリーンは言った。「仏教と神道の違いは何?」「神道にも輪廻転生はあるの?」スイスという大きな国に囲まれ大きな文化が複雑に入り混じる国。一つの島国が一つの国として存在し続ける国。一見相反する国から国へとその身を預けた。

世界言語と化した英語。この言葉の力はすごい物なのかもしれない。その背後には数かぎりない侵略や虐殺があっただろう。繁栄したたった一つの言語という文化の裏には絶滅した多くの言語という財産が地球上から姿を消したかもしれない。

アイルランド人と日本人。スイス人と日本人。住む場所も文化も価値観も宗教観も感性も。何一つとっても同じでは無い。同じなのは出会った時と場所だけ。そして人間の心を持った同じ人間という事だけ。

書を捨てよ、旅に出よ。作家・寺山修司は自分の書いた書のタイトルにまでしてしまった。もちろん書は人に多くを与える。しかし、それよりも多くのものを旅が与えてくれると。知識と体験。百聞は一見に如かず。与えてくれる多くの内、一番わかりやすくも一番不思議なものが人との出会いかもしれない。

自分からお金や時間や安全を奪う人にも出会うだろう。だが、自分に知識や体験や感性を新たに与えてくれる人にも出会うだろう。そこでまた気付き、ふと我に帰る。その土地を訪れた理由を教えられまた次の生活に向けた原動力となる。つまり理由となる。そしてその新たな理由が新たな結果を生み、原因に気付く。

こうして自分とは何者なのか、人生とは何なのかを一つ一つ確認していくのかもしれない。内面に秘められた全てを知り尽くすことの無い自分。永遠に分かり合うことのできない他人。常に同じでは留まることの無い全て。そんな解の無い無限数式の公式の有用性を試行錯誤してくのかもしれない。

旅をする者も多くを与えられるが、出会った側もまた多くを与えられる。行ったことの無い土地の話を聞き、文化を知り、感性を共感する。ほめ合い、また首をかしげ合う。しかし旅には別れが付き物。旅に限らず全ての出来事物事には別れが影のように付きまとう。そしてもっと一緒にいたいと思う叶わ無い願いの代わりに、出会わせてくれた目に見え無い何かに感謝を残しながらそれぞれの道へまた進んでいく。常に横にいる必要は無いのかもしれ無い。

母親から生まれへその緒が切れた時から一人になる。周りに育てられ、周りに看取られながら、一人で死ぬ。しかし、その死ぬ間際人生を思い返すと多くの思いがそこには在る。

なぜ旅に出るのか。答えは出てみないとわからないのかもしれない。ただ一つ言えるのは、必ず誰かに出会うということ。それが良縁か凶縁かは知らない。ただ出会い、ただ感じ合い、そして別れる。また出会う日を待ち焦がれて。

旅に出よ、再会せよ。

PS
旅へ出る親愛なる友人へ。
その勇気に敬意を表し、豊かで実りある出会いを願う。得難い経験を元にまた新たなステージで多くを表現する日を心待ちにしながら旅運を祈る。

関連記事

-1 Comments

メリークリスマス says...""
出口の無いサーキット。何周かトラック走れば、龍舞い降りる。

以上
2015.12.02 00:45 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://beso373.blog.fc2.com/tb.php/74-e6dfa9d6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。